前へ
次へ

慣れてきたら訪問ヘルパーの求人を探すのもいい

施設でヘルパーとしての経験を積んできたら、訪問ヘルパーの求人を探すことでより自分に合った条件で仕事をすることが可能になります。
施設では身体介護がメインとなりますが、掃除や洗濯、料理といった家事全般が得意な人にとっては、身体介護よりも生活援助をメインに訪問ヘルパーの仕事に打ち込んだ方が、ストレスを感じる度合いが少なくて済む場合があるからです。
訪問ヘルパーの場合、家の中に入ることになりますので、お手伝いさんと訪問ヘルパーが混同されやすいという難点がありますが、それがなければ生活援助をする訪問ヘルパーとして、自分が得意なことを仕事にできます。
それこそ、料理が得意な人なら、安価な材料でおいしい料理を作ってくれる訪問ヘルパーさんとして、利用者にとってはお金の節約もしてくれる貴重な人と捉えてくれるでしょう。
好きなことをしていれば、訪問ヘルパーとして仕事をしているという意識も薄れるとあって、施設から訪問介護への転職がうまくいきます。

Page Top